Uber Eats配達パートナーってご存知ですか?

 

最近、街でもよく見かけるようになりました。

 

そう、Uber Eatsとはその名の通り、お食事のデリバリーサービスのことです。

 

その配達員、つまり配達パートナーについてお話しします。

 

Uber Eatsなら運動不足も解消しつつ、気軽にお小遣い稼ぎができます。

 

みなさんも一緒に始めましょう!

 

片手間でも週休6万超えのノウハウをメルマガにて公開中!!

登録はこちら ↓↓↓

「Uber Eatsでウバ活!」

 

Uber Eatsとは

アメリカでタクシー配車サービスとして誕生した、Uberのフードデリバリーサービス。

 

2015年12月にアメリカでこのUber Eatsが開始し、日本での参入は2016年9月29日。

 

東京でサービスが開始されました。

 

Uber Eatsを利用したいお客様が注文し、注文を受け取ったお店がUber Eatsのドライバーに

 

配車をお願いする、というすごくシンプルな仕組みです。

Uber Eatsはどこで出来るの?

関東エリア

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県

中部エリア

  • 愛知県

近畿エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県

九州エリア

  • 福岡県

Uber Eatsの紹介制度

もし友達が既にドライバーとして働いていれば、友達から紹介してもらいましょう。

 

紹介してもらった方が90日以内に50回配達をすると、紹介した人に60,000円が支給されるキャンペーンを行っています。

 

周りにドライバーの知り合いがいないという方は、メルマガに登録して頂ければ私から招待コードを送ります。

 

私の招待コードでドライバーデビューし、90日以内に50回の配達をクリアした方には、私から30,000円をお支払いします。※こちらは東京エリアに限ります

 

 

片手間でも週休6万超えのノウハウをメルマガにて公開中!!

登録はこちら ↓↓↓

「Uber Eatsでウバ活!」

 

ちなみに・・・

 

3月も一件、紹介ボーナスが入りました!

 

こんな感じです。

 

Uber Eats 配達パートナー スクショ
Uber Eats 配達パートナー スクショ

 

Uber Eatsの登録までの流れ

手順を説明しますね。

アカウントを作成

招待コードを受け取ったら、そこにあるリンクから、配達パートナー登録サイトを開きます。

 

アカウントを作成しましょう。

車両を選ぶ

車両選びのポイントを説明します。

 

私は千葉県に住んでいて、千葉から東京に出向いてUber Eatsの仕事をしています。

 

始めるまでの一番の悩みのタネは、自転車持っていくのだるいな〜と思っていたことでした。

 

友達からUber Eatsって仕事あるよ、と紹介された時に、東京までチャリ持っていくの辛いからやめとく、と返事しました。

 

ただ、実際は、自分の持っているチャリだけでなく、レンタルの自転車でも大丈夫なのです!

 

私が使っているのは、「ドコモ・バイクシェア」というサービスです。

 

ドコモバイクシェアは、23区をほぼ網羅していて、アプリの地図からすぐ最寄りのチャリ置き場を探すことができます。

 

Uber Eats専用のプランもあり、それですと月額4,000円で乗り放題です。

必要書類を送信

免許証とプロフィール写真を送信します。

 

すぐ終わることでしょう。

パートナーセンターに行く

ここはUber Eatsについての説明会みたいなものです。

 

この日までに銀行口座を登録しておくと、当日スムーズです。

 

個別に15分ほどUberのお姉さんから説明を受けたら、もうその日から配達が可能です。

Uber Eats配達パートナーの配達料の仕組み

総収入=基本料金ーUberサービス料+インセンティブ

 

となっております。

 

内訳について細かく見ていきましょう。

基本料金

基本料金は、「受取料金」、「受領料金」、「距離料金」を足した料金となります。

 

東京を例に解説します。

受取料金

レストランにて商品を受け取った際に発生

受領料金


お客様のもとへ商品をお渡しした際に発生

距離料金


レストランから配達先までの距離に応じて加算

 

それぞれの実際の値段は表のとおりです。↓↓

 

受取料金 300円
受領料金 170円
距離料金 150円/km

 

Uberサービス料

Uberの手数料はなかなか高くて、35%持っていきます。

インセンティブ

インセンティブとは

インセンティブの一つ、ブーストは時間帯や天候によって、配達額に1.1倍~多いもので2.0倍まであるらしいです。

 

私が経験できたのは、1.2倍までです。

有効に活用しましょう。

 

あと、現在進行中のインセンティブプランがあり、それは、配達数に基準額が設けられており、その基準額に満たさなかった場合、差分が保証されるというものです。

 

分かりやすく図で表します。

 

配達数                  基準額

10回 6,500円
30回 20,000円
50回 35,000円

 

例えば10回配達をして、得られた報酬が5,000円であれば、基準額との差分、1,500円が補填されるということです。

クエストとは

クエストは、配送料に上乗せされるインセンティブの一種で、ご注文の多い時間や場所に適用されます。

 

例えば、10:00~15:00の間に4回配達したら、追加報酬400円

 

というようなものです。

 

給与明細には、プロモーションという名で記載されます。

実際一件当たりいくら稼げるの?

やってみると、一件当たり手数料を差し引いても500円程度稼げます。

 

私の稼ぎはこんな感じです。↓↓

 

Uber Eats 配達パートナー スクショ
Uber Eats 配達パートナー スクショ

配達パートナーが配達するまでの準備

バッグを受け取ったらすぐスタートできるのですが、デフォルトの装備では不安です。

 

飲み物受け取ったら倒れそうだな、とか、バッグの中で荷物が動きそうだな、等です。

 

そこでおススメの装備をご紹介します。ホルダー以外はすべて100円均一でそろいます!

 

Uber配達パートナーのバッグはこのような感じです。

 

Uber Eats 配達パートナー バッグ
Uber Eats 配達パートナー バッグ

 

カゴ

高さがあり、バッグの一つのスペースに二つ入る大きさが理想です。

 

高さは15cmほどのものを私は使っています。理由は食事や飲み物がそれなりに高さがある場合があるためです。特に飲み物ですかね。一番倒したくないので、この高さのものを使っています。

 

同じ大きさのカゴを二つ用意するのですが、これの便利な点は、もし用意したカゴに食事が入らなかった場合、片方に二つカゴを重ね合わせ、食事を入れるスペースを作ることができる点です。

 

片方にカゴが寄っている分、空いた空間の振れ幅も小さく、とても便利です。

 

Uber Eats 配達パートナー アイテム
Uber Eats 配達パートナー アイテム

サバイバルシート

保温、保冷のため、というのももちろんあるのですが、私は荷物の隙間を埋めるために使用しています。

 

サバイバルシートは薄いペラペラタイプが理想です。

 

くしゃくしゃにして荷物の隙間に詰め、はみ出した部分を荷物の上にかけると保温、保冷効果もあります。

 

Uber Eats 配達パートナー アイテム
Uber Eats 配達パートナー アイテム

滑り止め

これも百均で売っています。

 

必要な大きさに切るタイプで、カゴの中や、カゴのしたにも満遍なく敷いておきましょう。

 

念には念を、ということで保険的な意味合いが強いです。

 

Uber Eats 配達パートナー アイテム
Uber Eats 配達パートナー アイテム

スマホホルダー

これ、少し値を張りますが、必須です。

 

私はAmazonでこれを買いました。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0725XHND1/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s00?ie=UTF8&psc=1

 

Uber Eats 配達パートナー アイテム
Uber Eats 配達パートナー アイテム

 

Uber Eats現役配達パートナーのバッグの中を公開

Uber Eats 配達パートナー バッグ
Uber Eats 配達パートナー バッグ

 

Uber Eats 配達パートナー カバンの中
Uber Eats 配達パートナー カバンの中

 

ちなみに・・・

 

配達のこのバッグは、8,000円します。

 

デポジットなので、もうやめる、となれば返却して8,000円返してもらえます。

 

Uber Eatsをはじめた翌週の稼働実績より、毎週2,000円引かれます。

 

名目はプロモーション料です。

 

ただし、稼働実績がない場合は引かれないので安心してください。

Uber Eats配達の実際の流れ

お店に着いたらやること

アプリを開くと、アルファベットと数字の5桁の番号が記載されています。

 

それをお店の方に伝えましょう。

 

お店の方は何件もUber Eatsでの注文を承っている場合があるので、この番号で識別します。

 

基本的には一つの注文、一か所の配達先になり、それを繰り返す感じです。

 

まれに二つの注文、一か所の配達先になる場合もあるみたいです。私はまだ経験したことはないのですが。

 

食事を受け取ったら、受け取りはどうでしたかのGoodボタンを押下し、配達を開始するのバーを右にスライドして配達開始です。

お届けした後にやること

地図を見ながら配達します。

 

注文から詳細を開くと、お客様の住所が載っています。

 

ただ、結構高めの頻度で住所は書いてあっても、例えばマンションなどの部屋番号が書いていない場合があります。

 

その時は、お客様に電話してしまいましょう。

 

電話ボタンから電話ができます。

 

電話が手っ取り早いのですが、もし抵抗があるのであれば、チャットも可能です。

 

お客様宅に無事に着き、食事を渡し終えたら、Goodボタンで評価をして、配達完了のバーを右にスライドして配達完了です。

アプリ内のグーグルマップについて

配達をする際、Uber Driverのアプリからグーグルマップを開けるのですが、互換性がイマイチよくありません。

 

正しくない住所、目的地に設定されていることが多々ありました。

 

ですので、デフォルトのUber Driver上の地図を見て、配達することをおススメします。

 

最初は難しいかもしれませんが、慣れると案外楽に運べちゃいます。

配達報酬の振り込みについて

月曜日から日曜日を一週間として、翌週の火曜日以降に振り込まれます。

 

週払いです。

Uber Eats配達パートナーの一週間の成果を公開

2019/02/18~02/25までの一週間の稼ぎがこちら。↓↓

 

Uber Eats 配達パートナー スクショ
Uber Eats 配達パートナー スクショ

 

29回乗車して、16048円の収入!

 

オンライン時間が約14時間なので、時給1146円!

 

なんか時給換算すると大したことありませんね(笑)

 

でも、乗車に慣れて、効率よく回る方法が分かってくれば、時給換算した時の金額が増えることでしょう!

 

自分の好きな時に好きなだけ働いて、一週間で1万の収入が入ると考えれば、自分としては満足です。

 

コンスタントに週1万以上稼ぐことができれば、月4万収入が増えるってことですよね。

 

そうなれば生活の彩りも変わる?!

 

本業としてフル稼働しても良し、私みたいに副業として目標金額だけ稼ぐでもよし、それぞれのやり方でUber Eats楽しんでみてください!

 

効率よく回る方法は以下の記事で!↓↓

 

作成予定

片手間でも週休6万超えのノウハウをメルマガにて公開中!!

登録はこちら ↓↓↓

「Uber Eatsでウバ活!」