楽天もヤフーも毎月「5のつく日」にはお得にお買い物ができるようなキャンペーンを用意しています!

 

 

果たして5のつく日はどちらで商品を仕入れたほうがお得なのか、

 

キャンペーン開催の「回数」、キャンペーンでもらえる「上限ポイント」1ヶ月あたりのポイントをフルにもらった場合の「仕入れ上限金額」3つの点から徹底比較していきます!

 

5のつく日

 

登録者数4,000名以上の

ポイントせどりの達人STORM公式LINE@登録で、

「楽天せどりパーフェクトマニュアルセット」

をプレゼント中!

▼楽天せどりパーフェクトマニュアルセットの内容

  1. 楽天せどりスタートアップマニュアル
  2. Rakuten Point Calculator(ポイント管理ツール)
  3. 楽天スーパーSALE徹底攻略マニュアル
  4. 楽天解体新書
  5. 全品常時20%オフ購入マニュアル
  6. アカバン対策&復活マニュアル
  7. シークレット特典

↑の画像ををクリックして詳細を確認後、友だち追加いただければ自動返信ですぐにプレゼントします!

 

キャンペーン概要、条件

まずは、ヤフー、楽天それぞれの

キャンペーンの概要を見ながらキャンペーンのポイントを

獲得するための条件などを整理していきましょう!

 

ヤフー:5のつく日

ヤフー 5のつく日
ヤフー 5のつく日

まずは、ヤフーの”5のつく日”です。

 

 

エントリーでの購入で3倍、

アプリでの購入で更に+2倍と比較的

誰でも条件を達成しやすいキャンペーンと

なっています。

 

 

 

ヤフーショッピングのアプリを

ダウンロードしていない方は

無料アプリなのでこの際ダウンロードだけでも

しておきましょう!

 

iOSはこちら

Androidはこちら

 

 

更に、ゲットマネーというハピタスのようなサイトを

経由すると2%の実質キャッシュバックが受けられるので

5のつく日には最大7倍に!!

 

ゲットマネーからアプリに遷移するような

設定にするのが最もオススメです!

 

 

ゲットマネーの詳細をご存じない方は

こちらの記事をご覧くださいね!

 

↓  ↓  ↓

ゲットマネーって?ヤフーせどりに欠かせないポイント倍増のサイト

 

楽天:毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

楽天 毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍
楽天 毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

 

次に似たような楽天の

”毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍”です!

 

こちらもキャンペーン名のごとく

キャンペーン開催時に”楽天カードの利用”という

条件付きでポイント5倍になります!

 

 

ただ、楽天カードは審査も比較的通りやすいと

言われていて”無料”で作ることが可能なので

こちらもそこまでハードルとしては

高くないでしょう!

 

 

 

SPUというポイントプログラムで

楽天カードの利用で常にポイント+2倍は

もらえるので

 

今回のこのキャンペーンに合わせて

楽天カードを利用してもそこに更に

ポイント5倍が加算されるわけではなく、

 

通常の楽天カードの利用に

+2%追加でポイントが付与されるだけ

という点に注意しましょう!

 

続いてヤフー、楽天のそれぞれの

キャンペーンを3つの観点から比較していきます!

 

回数

ヤフーの5のつく日

楽天の毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

いずれも毎月の開催回数が決まっています。

 

ヤフー:5のつく日

→毎月5日、15日、25日の3回

 

楽天:毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

→毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日(2月以外)の6回

 

 

回数で見ると楽天の方が頻度が多いため

活用しやすそうです!

 

上限ポイント

ヤフー:5のつく日

→開催日ごとに5,000ポイント

→つまり、15,000ポイント/月

 

楽天:毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

6回の開催日合計で3,000ポイント

 

 

もらえる上限ポイントは

圧倒的にヤフーの方が多いことが

わかりました!

 

仕入れ上限金額

 

ヤフー:5のつく日

→毎回ポイントが+4%ついて、

上限が5,000ポイントなので

5,000/0.04で125,000円までポイント5倍対象です。

 

 

開催日が3日間あるので、

フル活用すると12.5万×3日間で

37.5万/月までポイント5倍の恩恵を受けることができます。

 

楽天:毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍

→条件を満たすと付与されるポイント+2%に対して

6日間の合計の上限が3,000ポイント/月なので

 

3,000/0.02→15万/月まで

ポイント倍付の対象です。

 

 

つまり、

ヤフーの5のつく日と

楽天の毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍では

 

ポイント対象になる

仕入れの上限とも言える合計金額は

2.5倍もの開きがあることがわかりました!

 

5のつく日の”落とし穴”

ヤフー 落とし穴
ヤフー 落とし穴

 

ヤフーの5のつく日は10日おき、

楽天は5日おきにキャンペーンがやってきますが、

 

特に副業の方は時間も限られていて

時に両方をリサーチすることが難しい

こともあるでしょう。

 

 

 

参考までに、

僕はキャンペーンの特性に合わせて優先順位付け

を行ってそれぞれ攻略しています。

 

 

例えば、

楽天の毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント5倍の

場合は、

 

ヤフーの5のつく日とかぶらない、

10日、20日、30日もキャンペーン対象ですし

 

ポイントの付与上限も6日間の開催日の合計で

3,000ポイントです。

 

 

 

つまり、無理にヤフーの5のつく日とかぶる

5日、15日、25日に頑張る必要はないんです。

 

月の前半でポイントを取れなくても

後半に挽回が可能です。

 

 

それに対してヤフーの5のつく日の方は、

例えば

5日に5,000ポイントを取りきらなければ

そのポイントは15日、25日に繰り越すことはできないので

毎回全力で取りに行く必要があります。

 

とはいえ、

同時に適用される、

「ヤフープレミアム会員はポイント5倍」も

月間のポイント付与上限が5,000ポイントのため

 

5日に12.5万仕入れてしまうと

見た目上ポイントが付いているように見えますが

その後の仕入れには

”ヤフープレミアム会員はポイント5倍”

のキャンペーンのポイントは付きません。(要注意)

 

その点、楽天ではポイント付与の

対象になる仕入れ上限金額の15万円まで

SPUをすべて満たしていればポイント13倍ですし、

 

その後も倍率の落ち方は緩やか

(25万で11倍→50万で7倍)

なので

 

他のキャンペーンとの併用を考えると

使い勝手は一長一短ではないでしょうか。

 

 

いずれにせよ、他のキャンペーンが絡むと

実際付与されるはずのポイントを

把握しにくくなるので

 

適宜記録するなど暗算ではなく

目に見える数字として残しておくと良いでしょう。

 

結論→ヤフーの5のつく日が圧倒的に優勢!?

ヤフー 優勢
ヤフー 優勢

 

いかがでしたでしょうか?

 

一見同じく”5倍”に見えるような

キャンペーンも開催される回数やポイントの上限の違い、

 

それによってポイント対象になる

仕入れの上限とも言える合計金額は

大きく異なることがわかりました。

 

 

ではヤフーの5のつく日が圧倒的に優れていて、

こちらだけを使えば良いのではなく

臨機応変に使い分けることが大事だと考えます。

 

 

仕入先が多いに越したことはないので

上手く優先順位付けを行いながら

併用していずれのネットショップもフル活用していきましょう!

 

 

今回もお読みいただきまして

ありがとうございました!

 

電脳せどり教材”無料”プレゼント中!

ブログやLINE@では伝えきれないようなボリュームの概念や細かい稼ぎのカラクリ、マインドセットの部分などはメルマガにて詳細に説明させて頂いてます!

 

ブログやLINE@と合わせてご購読頂くと、理解が深まりますのでこちらもよろしければご登録をよろしくお願いします!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

The following two tabs change content below.
2018年10月からせどり・物販、情報発信等のネットビジネスで生計を立てています。 Amazon最高月商は1,253万で、半自動化を達成。 現在は法人設立しその他事業の立ち上げ及び全自動化を目指しています。