今回は、ヤフー無在庫転売のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

STORMSTORM

どんなビジネスにおいても必ずリスクやデメリットがありますが、それらをきちんと把握し対策していくことでたくさんのメリットを受けられるので、じっくり読み込んでくださいね!

登録者数4,000名以上の

ポイントせどりの達人STORM公式LINE@登録で、

「楽天せどりパーフェクトマニュアルセット」

をプレゼント中!

▼楽天せどりパーフェクトマニュアルセットの内容

  1. 楽天せどりスタートアップマニュアル
  2. Rakuten Point Calculator(ポイント管理ツール)
  3. 楽天スーパーSALE徹底攻略マニュアル
  4. 楽天解体新書
  5. 全品常時20%オフ購入マニュアル
  6. アカバン対策&復活マニュアル
  7. シークレット特典

↑の画像ををクリックして詳細を確認後、友だち追加いただければ自動返信ですぐにプレゼントします!

ヤフー無在庫転売の7つのメリット

まず、ヤフー無在庫転売の7つのメリットを解説していきます!

在庫リスクゼロ

ヤフー無在庫 メリット 在庫リスクゼロ
ヤフー無在庫 メリット 在庫リスクゼロ

まずは、無在庫転売のため在庫リスクがないというのがメリットの1つです。

 

当たり前といえば当たり前ですが、販売商品の在庫を抱える必要がなく、FBAを使ったAmazonでの有在庫転売でありがちな商品が売れ残るリスクや価格競争で損切りせざるを得ない状況に陥ることがないので、適正価格で販売することができれば確実に現金を増やしていくことが可能です。

 

LABO

最近AmazonでのFBAを利用した販売をスタートしたのですが、仕入れた商品が思うように売れずに困っていました。

LABO

商品はそこそこ売れているので利益が出てるはずなんですが、お金が増えている気がしなくて。。。

 

STORMSTORM

ヤフーでの無在庫転売は商品が売れてから仕入れるので、在庫を持たずにスタートできるので上記のような壁にぶつかることもなく、お金を増やしていきながらコツコツ資産構築していけますね!

 

倉庫外注で自宅に荷物ゼロ

ヤフー無在庫 メリット 荷物ゼロ 倉庫
ヤフー無在庫 メリット 荷物ゼロ 倉庫

無在庫転売を使うことが可能な倉庫と契約することで、Web上での指示出しのみで商品を一度も見ることなく「販売→仕入れ→お届け」まで完結することが可能なのもヤフー無在庫転売のメリットの1つです。

 

LABO

なるほど、商品を手元に置くことがなく、パソコンやスマホ上での倉庫への指示出しのみで、作業場所を選ばず完結できるのは嬉しいですね。

 

まだなかなか利用するイメージがわかないという方もいるかと思うので、詳細は別記事にて説明していますのでこちらもぜひご覧ください!

↓↓↓

ヤフーでの危険な無在庫転売とは?安全な運用方法を公開

 

STORMSTORM

Amazonで仕入れて購入者さんに直送するのは、危険なので絶対にやめましょう。

 

キャッシュフローが良い!

キャッシュフロー
キャッシュフロー

ヤフーショッピングから売上金を受け取る回数はご自身で選択可能です。

 

月1回(手数料無料)

月2回(手数料0.1%)

月3回(手数料0.2%)

月6回(手数料0.4%)

 

上記の4パターンから入金回数を選べて、6回を選択した場合はなんと5日に1回の頻度で入金があるのでキャッシュフローも非常に円滑に回せます。

(出店後に変更も可能です。)

 

LABO

自分は資金も限られていますが手数料も微々たるものなので、月6回払いを選択しやすいのと、現金が増えてきた時に入金回数を減らして、コストを減らし、手持ちの資金状況に合わせて入金回数を選択できるのもありがたいですね。

 

レビュー0件、デザインなしでも売れる手抜きページでOK

ヤフー無在庫 メリット 手抜き
ヤフー無在庫 メリット 手抜き
STORMSTORM

ヤフーってAmazonでいうところの相乗り出品方式(既存のカタログに商品を出品する)ではなく、1から商品ページを作成すると聞いたので、商品登録からページ作成、説明文の記載など1商品出品するまでにやるべきことが多く大変なイメージです。

かつ、レビューが貯まるまではなかなか売れないと聞いたことがあるのですが、実際のところはどうなんでしょう?

 

LABO

ヤフーや楽天のようなECサイトは通常、まずレビュー件数を稼がないと売れないと言われていますが僕の実践中のヤフー無在庫転売の方法では、関係ないかのようにレビュー0件の商品がどんどん売れていきます

 

STORMSTORM

へぇ~それはすごいですね、でもなぜでしょう?もう少し詳しく教えてください!

 

まず、購入者の大半がスマホブラウザかアプリなので、商品画像何枚かと最低限の説明文があれば大丈夫で、そこまでデザインを細かく見られていないであろうということですね。

STORMSTORM

そのため、そこまできれいに商品ページを作り込んだり、なんならレビューも必要ないのかなと考えています。まああるに越したことはないのですけどね。笑

 

LABO

そうなんですね!

でも、最低限の情報といっても、画像を集めたり、商品説明文を考えたりしつつ1商品ずつ登録するのは相当な労力ですよね。。。

以前STORMさんは2000商品登録されていると聞きましたが、膨大な時間がかかったのではないでしょうか?

 

STORMSTORM

1つ1つ手作業で登録作業を2,000回行うと思うと、、、ゾッとしますね笑

ただ、僕の場合はとあるツールを使って一気に100商品ずつ登録していったので、一回の作業時間もさほどかからず簡単でしたよ^^

画像や商品説明文もツールが自動的に挿入してくれるので自分で準備する必要がないので助かってます。

 

このツールに関しては、開発者に直接確認して紹介可能であればお伝えさせて頂きますね!

 

LABO

続報を楽しみにしています!

 

早期に月商100万超え達成可能

ヤフー無在庫 実績 6月10日時点 販売
ヤフー無在庫 実績 6月10日時点 販売

先程のレビューがなくても売れることに関連しますが、スタートしたばかりでも早期に結果が出やすいのもこのヤフー無在庫転売の魅力の一つです。

 

LABO

え。。。でもSTORMさんだからできたんじゃないですか?

なんだかまだまだ自分にもできるイメージがわかないです。。。

 

STORMSTORM

そんなことないですよ!

僕以外にも、先に始めた方で初月から月商100万円を突破した方や、開始1週間で50万円以上売り上げた方もいるので再現性も抜群です。

 

STORMSTORM

上記がヤフーのストアクリエイターという管理画面で確認できる売上の推移なのですが、日に日にページビューが多くなるのに比例して売上が上がっているのがわかるかと思います。

1日で21万円も売れることがあるなんて魅力的ではないですか!?

ちなみに、僕の最高日商は52万です笑

 

LABO

私のAmazonの売上より全然多いですね!

再現性が高いのであれば安心して挑戦できそうな気がしてきました!

 

ヤフーのポイントバラマキやPaypay払いの導入

 

5のつく日やゾロ目の日、その他キャンペーンなどヤフー自体がポイント・クーポンコストを負担する企画が多く、見込み客の購入を大きく後押ししてくれるのも今無在庫転売がおすすめな理由の一つです。

 

ヤフー無在庫 転売 売上推移 STORM
ヤフー無在庫 転売 売上推移 STORM
STORMSTORM

上記のグラフを見て頂くと、僕は5月6日に本格的にヤフーのテコ入れを行ったのですが、その後の15日、25日の5のつく日には売上が大きく伸びているのがおわかりになるかと思います。

 

LABO

5のつく日って仕入れる側としてもおいしい日でしたが、販売する側にとってもハッピーな日なんですね!

STORMSTORM

そうですね!5のつく日以外も、ハッピー2アワーや買う買うナイトなどのゲリラキャンペーンも予告なく毎日のように開催してくれるので、出店側としてはページビューを集めることだけに集中できるのも大きいです。

見込み客さえ集められればどんどん売れるので^^

 

LABO

なるほどー、ヤフーのポイントバラマキが終了する前になんとか参入したいものです。

そういえば、ヤフーでの買い物にPaypay残高払いも使えるようになったって本当ですか?

 

STORMSTORM

はい、6月初旬に使えるようになりました!うちのストアでもたまに注文が入ってきます。

まだまだクレジットカードやポイント決済が多い印象ですが、ヤフーで使えるという認知度が拡大したらまた購入が増えそうです^^

 

ヤフー無在庫 転売 Paypay残高払い
ヤフー無在庫 転売 Paypay残高払い

 

LABO

そうなんですねー、私もPaypay残高が結構残っているので、まずは使ってみます!

 

リサーチ不要

ヤフー無在庫 メリット リサーチ不要
ヤフー無在庫 メリット リサーチ不要
LABO

AmazonでFBAを使って販売しているのですが、利益商品が見つからないんですよね。。。

一番の悩みが仕入れ商品のリサーチが上手くできないことです。

仮にヤフーでの無在庫転売を行ってみたとしても利益の出る商品を見つけられる自信がありません。。。

 

STORMSTORM

同じようなご相談をよく頂きます^^;

しかしながら、僕の実践している無在庫転売ではとある法則を利用しているため、リサーチがほとんど必要ありません!

 

まあ、仮に売れない商品を出品したとしても、有在庫販売と違って在庫を抱えるわけでないので売れないその商品を削除し、別の商品に入れ替えればいいわけで、そういう面でもノーリスクです!

 

LABO

それならハードル低く始められそうですね!にしてもやはり、”とある法則”が気になります!笑

 

STORMSTORM

ですよね笑

またこの”とある法則”は本当にやる気のある方だけにこっそりお伝えする予定なので楽しみにしていてください!

 

 

 

以上の、7つの大きなメリットを最大限に活かしてヤフーでの無在庫転売を実践していくために、今把握している限りのあえてデメリットも明確にお伝えしていきます!

 

デメリットを把握した上で適切な対策を行っていきましょう!

 

ヤフー無在庫転売のデメリット

続いて、ヤフー無在庫転売のデメリットを思いつく限り、お伝えしていきます!

出店審査が厳しい

ヤフー無在庫 デメリット 出店 ハードル
ヤフー無在庫 デメリット 出店 ハードル

ヤフーで販売を行いたい!と思ってもまずは、そもそも出店審査に通りにくいという問題点があります。

 

STORMSTORM

10回以上審査を受けていますがだめでした。。。

STORMSTORM

2019年に入って更に通りにくくなったという噂を聞きました。

 

などなど、日々たくさんお問い合わせを頂くのですが、このように出店に困っている方が多いのも事実です。

 

LABO

僕も2018年11月頃に1度申請して出店できなかったのですが、いくつか修正を加えて2019年1月に再申請したところ、無事に出店することができたので、その時の対策を別記事にまとめました!

 

少しでも参考にして頂ければと思います。

↓↓↓

ヤフーショッピングの審査を通過し出店に成功した5つの対策は!?

 

商標権侵害

ヤフー無在庫 デメリット 商標権侵害
ヤフー無在庫 デメリット 商標権侵害

Amazonでの販売同様に、出品商品によってはメーカーや正規代理店などから販売の停止を求めるような連絡が入ってしまう事があるのもデメリットの1つです。

 

STORMSTORM

”とある法則”に従って機械的にツールにて出品を進めているので、僕も実際に何度か連絡を受けたことがありますが、NGワードをツールに記憶させることで、特定のメーカーの商品、キーワードの入った商品は出品できないよう除外することができます。

実際手動で1商品ずつ出品して、数百~数千商品出品していったら同じ過ちを繰り返してしまうこともあると思うので、それは避けたいですね。

一度は許してもらえるかもしれませんが、悪気なくとも2度やってしまうと悪質だと思われても仕方ないと思いますので。。。

 

LABO

自力での対策は厳しそうなのでツールの力に頼って、地雷を踏まないようにすることが一番なのかもしれませんね。

 

在庫管理(在庫切れ、価格改定大変)

在庫管理の手間も無在庫転売のデメリットの1つです。

 

LABO

FBAの有在庫販売では在庫が切れたら、もちろんそれ以上の注文は入らないため在庫切れによるクレームのリスクはゼロですが、無在庫転売の場合はせっかく出品商品が売れても、その時に仕入先(Amazonなど)で在庫切れを起こしていたら購入者さんに商品を届けられませんよね?そういうリスクも大きいのではないでしょうか?

 

STORMSTORM

おっしゃる通り、Amazonなどの仕入先の在庫が切れていて商品を調達できない場合は店舗都合のキャンセルになるのですが、これはなるべく発生させないほうが良いです。

 

と、いうのも今は規約上ヤフーでの無在庫転売は認められていますが、あまりにストア都合キャンセルが発生すると当然購入者さんの満足度が下がり、ヤフーのブランドイメージも傷つけることになるので

規約が変わり無在庫転売ができなくなる可能性や、最悪の場合出品アカウトが停止(アカバン)されることもあるでしょう。

 

LABO

ただでさえ、出店のハードルが高そうなのでアカバンはなるべく避けたいですね><

 

STORMSTORM

はい、アカウントが止まってしまっては元も子もないので、ストア都合キャンセルキャンセルを発生させないためには仕入先の在庫が切れた商品は出品を停止する必要があります。

 

LABO

確かに在庫切れの対策としてはそうするほかなさそうですね。

でも、数百~数千商品の商品の在庫があるかどうかを常に監視するのって物理的に難しいような。。。

 

STORMSTORM

まず、人間の力では難しいでしょう!

ここでも常に仕入先の商品の在庫情報を監視してくれるようなツールの力が必要になります。

 

僕のストアも累計約700件の注文を受けていますが、現在のストア都合注文キャンセル率0.0%を叩き出せているのもツールのおかげです。

ヤフー無在庫 転売 ストア都合キャンセル 在庫切れ
ヤフー無在庫 転売 ストア都合キャンセル 在庫切れ

 

LABO

やっぱりツールを使うしかないのですかねぇ。。。

あと気になるのは価格設定ですね!もし、仕入先の商品の価格が変動し、ヤフーで販売した金額を上回ってしまっていたらどうすればよいのでしょう?

 

例えば、ヤフーで5,000円で売った商品が、Amazonで仕入れようと思ったらAmazonでも5,000円でしか売っていなかったら、ヤフーへの販売手数料や送料を考えるとどう考えても赤字ですよね?

 

STORMSTORM

もし、自分の手でAmazonの価格に対してヤフーの価格を1商品ずつ決めていたらそういう事態もたくさん発生するかもしれません。

しかし、僕の使っている無在庫転売用ツールでは、Amazonの在庫状況だけでなくFBA最安値価格も監視し、1日4回価格改定も行われるので仕入れ値が上回って赤字になってしまうようなケースはほとんどありません。

 

突発的に売れて、仮にそういう注文が発生したとしても数%の割合なので、別記事で解説した「利益率を高めるための5つの方法」などをしっかり活用すればトータルではしっかりプラスにできるでしょう。

 

LABO

なるほど、現金がしっかり増えていく理由がわかった気がします!

 

ユーザー対応(購入前後)

ヤフー無在庫 デメリット ユーザー対応
ヤフー無在庫 デメリット ユーザー対応

質問・返品などのユーザー対応を自分で行わなければならないのも、テクサポなどのサポート体制が充実しているAmazonとは勝手が違いデメリットの1つと言えるでしょう。

 

STORMSTORM

購入者さんに安心していただくためにも商品に注文が入った時のお礼のメール、商品発送後のメールは最低限送る必要があるのですが

Amazonのように自動的に送ってもらえるわけではないので注文毎に自分で送らなければなりません

 

LABO

STORMさんくらい注文がたくさん入ったら大変そうですね。。。

 

STORMSTORM

はい、ただまだこの受注・発送の部分の連絡だけであれば定型文を作ってしまえば手動でもなんとか1つ1つ対応できないこともないのかなと思うのですが、

あとは購入前や購入後にお客さんから頂く質問に対しての返答ですね。

 

LABO

パターンが多すぎて、取り扱い商品も多いと大変そうですね^^;

 

STORMSTORM

受注に比例して問い合わせ数も増えるので、限られた時間で収益を上げていくには自分以外の力を使っていくしかありません。

 

例えば僕の場合は、ツールによって処理が簡単な受発注作業はスタッフさんに任せることで自分はカスタマー対応に専念できます。

 

一定数数をこなしていけばある程度パターン化できると考えているので、ゆくゆくはマニュアル化してこちらも外注化予定です。

 

LABO

なるほど、そうすることでSTORMさんは売上のチェックだけで済むような体制を作れるわけですね!

不労所得に近いものを感じます!

 

STORMSTORM

ヤフーの無在庫転売に限らず、仕組み化・外注化しやすく手離れの良い収益の柱を1つでも多く作ろうと考えています。

 

LABO

私もゆくゆくはそうなりたいので、ついていきます!

 

終わりに

 

以上が、ヤフーの無在庫転売のメリット・デメリットになります。

 

デメリットも多いですが、1つ1つ対策していくことでメリットを最大限受けられることがおわかりいただけたかと思います。

 

今後もヤフー無在庫転売の実践記や、ツールのご紹介も検討していますので楽しみにしていてください!

 

個別に聞きたいことがあるかたは、LINE@にご連絡くださいね!

 

↑↑↑の画像ををクリックするとSTORMのLINE@に移動できます!

 

 

お読み頂きましてありがとうございました!

電脳せどり教材”無料”プレゼント中!

ブログやLINE@では伝えきれないようなボリュームの概念や細かい稼ぎのカラクリ、マインドセットの部分などはメルマガにて詳細に説明させて頂いてます!

 

ブログやLINE@と合わせてご購読頂くと、理解が深まりますのでこちらもよろしければご登録をよろしくお願いします!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

The following two tabs change content below.
2018年10月からせどり・物販、情報発信等のネットビジネスで生計を立てています。 Amazon最高月商は1,253万で、半自動化を達成。 現在は法人設立しその他事業の立ち上げ及び全自動化を目指しています。